<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1月31日(火)

1月も今日で最後。そして今日は決戦の日。ついにこの日が来た。この日のためにここ2週間、全てを投げ出して全力投球してきたのだ。朝からなんだか落ちつかない。たかがこれくらい、たかが30分、たかが余興・・・ しかし、やるからには全力で。みんなで楽しく笑って終われるように。心から祈らずにはいられない。

直前リハーサル。初めて全員が揃う。それだけでなんだか興奮。これだけ役者が揃っていれば面白くないはずは無い、確信。リハを始めると、私の演出以上のことをそれぞれがやってのける。みんなが一つの方向を向いているときというのは、予想以上の計り知れないパワーを生み出すものなのだ。

幕が上がる。さすがに緊張の一瞬。マイクを持つ手が少し震えていた。始まってしまえば、もう突っ走るしかない。会場に大きな笑い声、みんなの笑顔。観客も出演者も楽しそうじゃないか。そうこなくっちゃ。みなさん、最高に輝いていますよ。 
教えたフリにアレンジまで加えて最高に笑えました。完璧に計算し尽されたダジャレ、凍えるようなあの感じ最高でした。大先輩にあんなことおねがいしてすみません、でも最高の「フォ~」でした。余興どころではないのに参加していただいてありがとうございました。ジェルとスプレーで髪を固め、シャンプーまで持参して冷たい水で頭を洗っていただいて本当に感謝です。微笑みの貴公子最高の微笑みと、追っかけの黄色い声援、最高のエンターテイメントでした。本当に皆さん、ご協力ありがとうございました。こんなバカも1年に一回しか出来ませんから、どうか非道な私を恨まないでください。本当にありがとうございました。

今日は、頑張った自分に祝杯です。私の小道具と一緒にひっそりと・・・
以上、ニュースキャスターの私がお送りいたしました。f0019234_20525267.jpg
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-31 20:55 | 日記
1月30日(月)

朝から穏やかな天気。12月の寒波はなんだったのかと思わせるほどの陽気である。月曜日のスタートとしては上々、おまけに占いも1位である。何かと幸先がいい。

本番が明日に迫っている。今日は、最終リハーサルと通し稽古。しかし、なかなか出演者が揃わない。皆さん忙しいのだ。おまけに今日は急な会議が入り、予定は延び延びである。これもまた仕方ない。なるようになるさ。なにせ、いい役者が揃っているのだ。みんなそつなくこなすさ・・・と自分を励まし、不安材料を拭い去る。通し稽古はできなかったものの、部分的な練習で確信を持つ。「これはいける!!間違いない。」
明日、私の頭の中のイメージは形となって現れみんなの笑顔を運んでくるだろう・・・祈願・祈願である。

f0019234_2129078.jpg奇跡降臨。明日のためにダメもとで注文していたCDが奇跡的に届いたのだ。到底、間に合わないはずだったのだが。奇跡である。オープニングにどうしてもほしい音があったのだ。これで明日は絶対にいける。
よっしゃ~!!気合だ~!!!! 
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-30 21:31 | 日記
1月29日(日)

朝寝坊、目が覚めるととっくに9:00を回っている。外はすっかり明るく、気温も高い。この分じゃ道路脇の雪も溶けるだろう。掃除・洗濯・食事を済ませ出かける準備。借りていたCDを返し、クリーニングを取りに行く。そして、ここのところ定番の100円ショップ。イベントの準備も終盤、明日が最終リハ。どうなることやら、期待と不安は募るばかりである。

今日の目当ては「ハードゲイキャップ」。既製品は手に入りそうもないので、作るしかない。100円ショップで黒い帽子とキラキラテープを購入。工作は結構得意な方なのだ。これは一丁腕の見せ所。家に戻り早速作業開始。1人で黙々としかもニヤニヤしながら作業を続ける。完全に近づきたくないタイプの人間である。
完成した「ハードゲイキャップ」を見て、我ながらなかなかイケてるんじゃない?と自分の作品に浸る。確か、こんな感じでしょ。
f0019234_19122132.jpg


さぁ、あともう少し。頑張れ!!自分!!!
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-29 19:13 | 日記
1月28日(土)

目覚ましが鳴って目が覚めると外はすでに明るい。布団を抜け出しそそくさと身支度を整える。今日は歯医者に通院。マウスピースの状況確認。家を出て途中まで行ったところでマウスピースを忘れたことに気づく。仕方なく後戻り、これが無ければ行く意味が無い。なんてこった・・・
歯医者ではマウスピースの状況を聞かれ、わずかばかり調整。やはり、夜中に歯軋りをしているようだ。当たり前だが、自分では全く気がつかない。寝ている間に歯を食いしばるだなんて、どうかしている。起きている間にもっと歯を食いしばって頑張らねばならないことがあるだろうに・・・

診察を終え外に出ると、腰の曲がったおばあさんに声をかけられた。「すいませんが、しらやまひふかどごだべ。なんだがわがんねぐなってしまって・・・」云々。残念ながら私にもわからない。おばあさんごめんなさい。と言ったものの、このまま「さようなら」ってわけにもいかないだろう。歯医者へ戻り、皮膚科の場所を尋ねる。「すいません、しらやま皮膚科の場所教えていただきたいのですが・・・」受付のやさしいお姉さんが親切に教えてくれた。「あ~、ひらやま皮膚科ですね。そこの道を・・・云々。」そうか、「白山」じゃなく「平山」ね。訛りに完敗である。
どうやらすぐ近くらしいが、せっかくなので車で送ることに。無事に「平山皮膚科」に到着し、おばあさんは深々と礼をしてくれた。お互いに気分よく別れることができた、何よりじゃないか。一日一善である。

f0019234_2124128.jpg

さて、今日も懐かしいものを発見。「なめ猫」である。免許証の住所もベタではあるがなかなかよく考えられている。「クジラ県」から「メダカ」まで魚類大小の選択が妙である。
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-28 21:27 | 日記
1月27日(金)

怒りや悲しみはどこへ向かうのか。怒りや悲しみが暴力を生む時、その目はどこを見つめているのだろうか。傷を負ったものが、その傷を癒すために生み出す暴力は切ない。東から昇る太陽が西へと沈むように繰り返される怒りや悲しみ。苦しい、切ない、辛い・・・叫び出せずに拳を握り締めるのだろうか・・・ 
その怒りや悲しみはどこへ向かうのですか。
f0019234_01967.jpg

今日は1週間の締めくくり、金曜日である。世の中、いろんなことがあるのだ。前を向いて生きるというのは難しい・・・
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-28 00:01 | 日記
1月26日(木)

朝、目が覚めて外を見たときには降っていなかった雪が、家を出たとたん吹雪。朝からついていない。占いでは「今日はいいことがあるかも」なんて言っていたような気がするが、所詮占い。朝から不運の予感である。
日中、いつものとおりバリバリ働く。ここのところ、にわかに忙しさの度合いが増す兆し。大きな仕事ではないのだが、小さいことが次から次へ。絶え間がない。どこかで誰かが自分のことを監視しているのではないかというほどタイミングがいい。一つ終えるとどこからともなくお声がかかる。もしや、誰かが指令を出しているのかもしれない。なんてバカバカしいことを考えたりして・・・ とはいえ、仕事を与えてもらえることに感謝である。謹んでお受けしなければ。

夕方、職場では会議。1時間に及ぶ会議を終え、会議録作成。気がつけば窓の外は闇に包まれているのである。帰宅途中、スーパーで食材の買い出し。そして、目に留まったのがLOTTEの復刻ガム。なんともいえず懐かしい。「コーヒーガム」と「スペアミント」。
小学校の頃、コーヒーガムを噛んでいると少し大人の気分だったっけ・・・
f0019234_21554060.jpg

[PR]
by capricious1977 | 2006-01-26 21:57 | 日記
1月25日(水)

仕事からの帰路、安全運転について考える。北国の冬道は恐ろしい、確かに。スタッドレスタイヤなどわずかばかりの慰めにしかならない。北国の人々は慎重に確実に車を走らせる。しかし、しかしだ。あまりにも慎重になりすぎるというのはいかがなものか。今日、私の5台前を走行していた車の時速、約20キロ。吹雪または凍結状況によっては仕方ない。しかし、今日はそれほどの凍結ではなかったのだ。結局、私の前に5台、後ろに5・6台の車が徐行運転を余儀なくされた。業を煮やしたものは、命をかけて追い越していった。しかし私は追い越すだけの勇気も根性もなく、イライラしながら走り続け通常の倍の時間をかけて帰宅したのだ。やれやれ・・・

イライラからやっと抜け出し、ホームセンターへと急ぐ。昨日買い忘れた筆ペンを購入するためである。商売道具でもあるので忘れるわけにはいかない。ということになれば手に書くしかない。「いい大人なんだからもうやめよう。」と心の中では思っているのだが、やっぱりこれが一番なのだ。これ以上の方法を思いつけないのである・・・f0019234_21224316.jpg
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-25 21:24 | 日記
1月24日(火)

昨夜から世の中はライブドア一色。というか、堀江貴文一色。この人物、やはりただ者ではなかったようだ。”世の中を騒がせる”ということにおいては天下一品である。しかし、どういうものか世の中はホリエモンに対して好感を持って接しているのかと思っていたが、マスコミを先頭にしてきびすを返すかのように態度を一転してしまったようだ。良きにしろ悪しきにしろ、これだけ世の中を騒がせたのだ。やはり彼は「時代の寵児」なのかもしれない。

今日はひたすら台本。本業がおろそかになっているような気もしないではないが、早いところ形をつけておきたい。夕方、出演者打ち合わせ。急用等々で半数ほどの参加。とりあえず一連の流れを説明する。説明に対する出演者の真剣な表情と内容のギャップがなんともおかしい。こちらももちろん真剣なのだが、皆さん本当に大人である。
f0019234_2317976.jpg
帰宅後、DVDを見ながら『青春アミーゴ』の振りを確認。この際だからと、CDを購入したのだ。繰り返し聞いていると、80年代を彷彿とさせるなかなかいい曲である。
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-24 23:19 | 日記
1月23日(月)

今日は日中も雪及び雪、降り積もる雪である。何が憎くてこれだけ降るのか。これまで人間がしてきた悪行に対する罰なのか、強欲に対する戒めか・・・ とにかく、いつまで続くのか、やれやれ。

夕方、仕事を早めに切り上げて帰路を急ぐ。電気店とCDショップに立ち寄り帰宅、19:30。職場から借りてきたラジカセ(我が家にはオーディオ機器が存在しない)とテープ、CDを部屋中に広げ作業開始。ひたすらダビングである。来週のイベントに向け、準備は着々と進んでいる。明日は出演者打ち合わせ。何とか形にしておかなければならない。人を楽しませるためにはまず、自らが楽しまなくては。演者が楽しければ、自然とその空気は観客に伝わるのだ。明日のプレゼンが大きな山なのだ。f0019234_2283573.jpg

携帯電話が鳴った。誰かと思えば実家から。カンボジアから母が帰国したらしい。まずは父が第一声「お母さんが無事に帰ってきました。」 そして受話器を奪った母「いやぁ~すごかったよ。あんたも行かなきゃダメ。」なんてテンションが高いのだろう。とにかくしゃべり続け、言葉を挟む隙すらない。「感動覚めやらぬ」とはこういうことを言うのだ、きっと。なんだかよくわからないが、とにかくよい旅だったらしい。これで当分は落ち着くだろう。いや、これで味を占めて今度はアフリカ・・・有り得ないとも言い切れないか・・・ 
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-23 22:11 | 日記
1月22日(日)

朝4時、意に反してパッチリ目が覚める。昨夜の早寝のせいだということは言うまでも無い。しかし、どう考えたってこの真冬に4時起床は早すぎる。布団の中でうだうだとテレビを見る。そのうち、またゆっくりと眠りに落ちていく。完全なる二度寝。
次に目が覚めたのは8時。ノソノソと布団を抜け出す。昨夜の最悪な状態はどうやら抜け出した様子。しかし、なんだか気だるい。信じたくはないが、もしや風邪では・・・いや、そんなはずはない、と固く信じ活動開始。今日は日曜日なのだ、掃除掃除。
昼過ぎまで、家でウダウダと過ごす。夕方近く、やっと外に出る決意。昨日返しそびれたCDを返却。夕方ともなると冷え込みが激しい。昨日から東京でも積雪を観測しているらしい。受験生も大変だ。センター試験だというのに・・・思い起こせば自分も受験生だった頃、東京の大学を受験、ちょうど試験の日が雪だったっけ。頑張れ受験生、リスニングの不具合に負けるな。

f0019234_19502183.jpg今日も100円ショップめぐり。とんでもない物を発見。「ナイス☆ガイ」 500円のカツラである。今や100円ショップは500円のものも平静を装って鎮座しているのだ。100円ショップのコンセプトはどうなってしまったのか・・・しかし、こちらとしては目当てのものが見つかり即買いである。

ところで「ナイス☆ガイ」って、どこをどう見てもこの写真はナイスガイには見えませんけど。どちらかというと目つきが悪いじゃないですか。世間ではこのような人物のことを「ナイスガイ」というんでしたっけ??
[PR]
by capricious1977 | 2006-01-22 19:54 | 日記