<   2006年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2月28日(火)

2月最終日。当然のことだが、28日しかない2月は短い。2月が終わればあっという間に今年度も終わり。明日からはとうとう3月だ。
f0019234_2155322.jpg

3月1日は晴れの卒業式。若者達が学び舎から巣立っていく。世の中の厳しい風に吹かれても高い波にさらわれそうになっても、自分の力で立ち向かうためにこれまで頑張ってきたのだ。明日、君達は何を思うのだろうか。「なんで自分ばっかり・・・」と嘆いた日々。みんなで一つの目標に向かって走ったこと。放課後の教室で友人と語った思い出。楽しかったことも、苦しかったことも、辛かったことも、すべてが一歩を踏み出す力にかわっていくはずだ。

君達の背中には「勇気の羽根」がある。どんなことがあっても、立ち向かっていくための勇気の羽根。思いっきり羽根を広げて飛び立つんだ。
[PR]
by capricious1977 | 2006-02-28 21:55 | 日記
2月27日(月)

深夜からの強風。吹き付ける風の轟音で目が覚める。暖かい日が続いていたせいか、寒さが身に染みる。春はすぐそこまで・・・と思っていたが、まだまだ冬なのである。
職場では朝からばたばたと過ごす。今週は行事詰めで忙しい。昨年度といろいろなことが変わり、動きに予想がつかない。さまざまなことが同時進行。頭の中の小人達がてんてこ舞いである。今週を乗り切れば楽しい事が待っている。今はそれだけを楽しみに突き進むのだ。

f0019234_22214133.jpgトリノオリンピックがついに閉幕。閉会式に登場した日本選手団の笑顔。さまざまなしがらみから解き放たれたような笑顔。いかなる結果であろうと、すべてを出し切った爽快な笑顔。メダルはたった1つだったかもしれないが、私達にもたらされた感動はどんな金メダルよりもピカピカに輝いていた。
今回の悔しい思いが4年後に喜びに変わる事を信じている。童夢と夢露が揃って表彰台に立つ。上村愛子が悲願のメダル獲得。加藤条治が世界新記録で金メダル。安藤美姫が4回転ジャンプを成功させる。浅田真央と安藤美姫が金・銀獲得。
4年後バンクーバー。日本ではそんなニュースで盛り上がっていることを信じたい。信じる力がこの願いを叶えるのだから。
[PR]
by capricious1977 | 2006-02-27 22:21 | 日記
2月26日(日)

なんとも言いがたい天気。曇り・曇り・曇り・・・。寒いわけでもなく、雨が降るともなく。なんともしっくりこない天気。気分もなんだかのらない。おかげで寝正月ならぬ、寝休日。

欲しいものがある。腕時計。
昔から時計が好きだ。特に腕時計。高いものは買えないので、安いものばかりを集めている。スウォッチが特に好き。安くて、機能性もまずまず、おまけにデザインが豊富。たくさんある中から選んでいくのが楽しい。年に2本くらいのペースで腕時計を買っている。
f0019234_216860.jpg

そして、最近また欲しい・・・ 
我が家には、腕時計のショーケースがある。5本飾れるスペースがあるのだが、すでに3本は入りきらず棚の上に並んでいる。その上、また買ったら・・・と考えないわけでもないが。でも、一度欲しい感情が芽生えたら、なかなか払拭するのは難しいのだ。
[PR]
by capricious1977 | 2006-02-26 21:06 | 日記
2月25日(土)

楽しかった飲み会から一夜明け、待望の休日。思ったよりもスッキリと目が覚め、天気のよい朝を迎える。休日にしては少し早めに起きて、出かける準備を始める。今日は歯医者に通院。歯医者で順番待ちをしていると、突然睡魔に襲われる。寝不足のせいだろう。
診察を終え、クリーニング屋といくつかの店に立ち寄り帰宅。駐車場に少しだけ残る雪を砕いていく。春はもうすぐそこまで来ているのだ。

昨日の早朝、日本中が湧いた。荒川静香の金メダル。待望のメダル。本当に興奮した。仕事に行かなければならないことも忘れてしまいそうなほど感動し、興奮した。まさに一人スタンディングオベーション状態である。「クール・ビューティー」の異名を持つ荒川らしい演技。美しさと力強さと冷静さを兼ね備えた演技は、これまでの日本選手と一味もふた味も違う。ありていの言葉だが「日本人もここまできたか・・・」と言わざるを得ない。このたった一つの金メダルが、これまでの日本選手団の不振を一気に払いのけてしまったかのような清々しさ。本当にお見事でした。

f0019234_21203287.jpgトリノのメダルはドーナツ型。ドーナツといえば、最近はまっているものがある。ローソンの「モッチリング」。ミスドのドーナツにはかなわないかもしれないが、これもまたなかなかの旨さ。モチモチの食感がたまらない。チョコとメープルがあるのだが、どちらも旨い。

トリノのメダルと、ドーナツをかけるあたりもまたウマイのである。
[PR]
by capricious1977 | 2006-02-25 21:20 | 日記
2月24日(金)

今日も携帯からの更新。ただいまの時刻AM1:48。飲み会から帰宅し、布団の中で携帯のボタンを押している。最近、ブログが手抜き気味であることを反省。

今日は金曜日で、久々に楽しい時間を過ごした。久々にアルコールで満たされた感覚も悪くない。

今日は朝からオリンピックに興奮し、書きたいことがたくさんあるが、どうにもこうにも眠気が襲ってきているわけで。携帯の画面も眩しく感じるほどで。明日にしたいと思うわけで。

おやすみなさい。
[PR]
by capricious1977 | 2006-02-25 01:59 | 日記
2月23日(木)

どうしてもパソコンを開くのが面倒で、携帯からの更新。
朝から○と×をつけまくる。だんだんと何が正しくて、何が間違っているのかわからなくなってくる。簡単な計算に時間がかかる。脳みそが疲労する。とにかく間違いは許されないのだ。

明日はまた通常の勤務。明日が土曜日ならなんといいことか。願いは、儚い夢。やれやれ…

明日の早朝はフィギュアスケートFP。気合いを入れて起きるしかあるまい。
[PR]
by capricious1977 | 2006-02-23 21:30 | 日記
2月22日(水)

早朝4:10 嫌な夢で目が覚める。あと1時間は寝られるのだが、目が冴えてしまって眠ることが出来ない。TVをつけるとフィギュアスケートSPの生中継。布団を抜け出し、テレビに向かう。おそらく日本中が最後の望みを託して注目していることだろう。
1時間ほど中継を見た後、普段より1時間早い出勤。今日は長い1日になりそうだ。これだけ早いと、普段より格段に車の量が少ない。おかげで、通勤時間も5分は短縮される。今日は朝焼け。いい天気になりそうだ。

今日は本当に長い1日だった。朝早くからいろいろ動き回り、やっとのことで1日が終わった。体力的にというよりは、精神的疲労。今日はゆっくりと眠ろう。

そういえば、今TVではフィギュアスケートの再放送をしている。日本の3選手はなかなかいい演技。こうなってくると、どうしても期待してしまう。頑張れニッポン!!
f0019234_19563257.jpg

[PR]
by capricious1977 | 2006-02-22 19:56 | 日記
2月21日(火)

沈みゆく夕日は最後の力を振り絞り、精一杯燃え盛る。自らの存在が忘れ去られることのないように精一杯燃え盛る。
なぜだろう・・・沈みゆく夕日は悲しい。それが赤く染まれば染まるほどに切なさが胸を突く。美しいものの持つうちに秘めた切なさ。本当に明日は来るのだろうか・・・

久しぶりに綺麗な夕焼け。思わずシャッターを切った。直視するには眩しすぎて、潤んだ目に赤が染みた。なんだか一人で感傷的になったりして。バカみたいだが、根っから夕日には弱いのだ。今日の夕日の色は本当に綺麗だった。あまりにも綺麗すぎて、本当に涙がでそうだった。美しいものの裏側にある刹那が悲しみを運んでくるのかもしれない。
f0019234_2050256.jpg

[PR]
by capricious1977 | 2006-02-21 20:50 | 日記
2月20日(月)

雪が少しずつ着実に融けている。鳥の声が聞こえる。春は、もうそこまで来ているのだ。

それにしても、オリンピックは盛り上がっているのだろうか。日本人はオリンピックに興味があるというより、メダルに興味があるのかもしれない。私もメダルに興味がないわけではないのだが・・・
オリンピックには発見がある。カーリングが面白い。あのかけ引き、「氷上のチェス」とはよく言ったものだ。何気なく見ていたら引き込まれてしまった。スノーボードクロスが熱い。これまたかけ引きが鍵。飛んだり滑ったりぶつかったり。熱い。何が起こるかわからない、あのドキドキがたまらない。これまで見たこともなかった競技に触れる。オリンピックならではじゃないか。やっぱりオリンピックは熱い。
世界中の人々が注目し、あの五つの輪のようにつながっているのだ。
f0019234_21565975.jpg

[PR]
by capricious1977 | 2006-02-20 21:57 | 日記
2月19日(日)

日曜日に天気がいいと、それだけで少し幸せな気分になる。冬の空が青く晴れわたっていると、それだけで少しやさしい気持ちになれる。目が覚めて、窓を開け新しい1日の空気を胸いっぱいに吸い込むと休日の幸せが身体中に広がっていくのだ。なんだか、昨日までの下降気味だった気持ちが一気に上昇を始めたようだ。なんという単純な性格。

掃除・洗濯・食事を済ませた後、借りてきたDVD鑑賞。「ハウルの動く城」 劇場で見ようと思っていたのだが、機会を逃していたのだ。映画は映画館で見なければ本当の良さはわからない。というのが私の勝手な持論である。しかし、見逃してしまっては致しかたない。
なんといっても宮崎作品は映像が綺麗だ。空の「青」は心を打つ。子供から大人までどの年代でも楽しめるアニメというのはなんと素敵だろうか。宮崎アニメを見るたびに私の心は少しだけ綺麗になる。日々のすさんだ生活で汚れた心が少し癒され、綺麗になっていくのだ。

f0019234_21233487.jpg夕方、実家から荷物が届く。その中には母のカンボジア土産。カンボジアはシルクが有名らしい。シルク製品、ヤシから取った砂糖、Tシャツ、お菓子など等が入っていた。母が旅行に行くと本当にたくさんのお土産を買ってくる。これでは観光が目的なのか、お土産を買うことが目的なのかわからない。まぁ、楽しかったことのおすそ分けなのだろう。有難くいただくことにする。
[PR]
by capricious1977 | 2006-02-19 21:23 | 日記