<   2006年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

7月31日(月)

f0019234_21205925.jpg
愛車との付き合いもまもなく1年になろうとしている。
走行距離11000キロ。
そろそろ労ってやらねばというわけで、今日は1年点検。

結果は良好、問題なし。

さぁ、旅の準備は整った。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-31 21:20 | 日記
7月30日(日)

本日の最高気温21℃。7月も終わろうとしているのに、この寒さ。家の中にいても肌寒い。そんな夏とは思えない本日、うちの両親は「ビール祭り」とやらに出かけた。私はもちろん送迎係。普通なら、ビール日和のはずだが、いかんせん今日の気温ではビールの美味しさも半減だろう。
「寒くてビールって感じじゃないな。」とぼやきながら出て行った。

「ビール祭り」の会場は、ホテル。ビヤガーデンみたいに、屋外でないのはせめてもの救いかもしれない。会場は大勢の人でにぎわっていた。まぁ、せいぜい楽しんで来てほしい。

両親を送り届けた帰り、お祭りの山車と出くわす。今週あたりから、夏祭り本番のようだ。こんな天気じゃ盛り上がりに欠けるが、子どもたちにとって天気などたいした問題ではない。笛や太鼓、山車を引っ張る子ども。引っ張っているんだか、引っ張られているんだか、それでもしっかり綱を握り締める子どもの姿はかわいらしい。

自分にもあんな時代があったんだなぁ・・・ などと思いを馳せるのである。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-30 20:09 | 日記
7月29日(土)

約3ヶ月ぶりの帰省。天気が良ければ、1時間30分のドライブが楽しめるところだが、今日はあいにくの雨。トラックとすれ違う度に水しぶきが車体にかかる。それでも、実家に近づくにしたがって雨は止んだ。

f0019234_2391457.jpg無事に到着し、自分の部屋に入って驚いた。なぜか模様替え。大きな変化というわけでもないのだが、本棚の位置が変わっている。それも良く見ると、そこに収められた本達はバラバラではないか。なんてこった・・・ 本棚を動かすために本を出したは良いが、上手く元に戻せなかったのだ。この本棚には自分なりのこだわりがある。並べ方にしたって単行本・文庫本・漫画・作家順・出版社順・etc.自分なりの並べ方でさわやかに収まっていたのに・・・ やれやれ。

ただ見つめていても事態は好転するはずもなく、自分がやらなければ誰もできず。結局、全部一からやり直し。やり始めたはいいが、なかなか上手く収まらない。記憶を辿り、どこに何があったのか思い出しながら進めるのだが、上手くいかない。結局、元の通りとはいかないが、何とか落ち着いた。

結局、「こだわり」というのはなかなか伝わりにくい。たとえ家族であっても。しかし、その「こだわり」に思いっきりこだわっている時がとてつもなく幸せなのである。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-29 23:09 | 日記
7月28日(金)

昨日までと違って、灰色の空が広がっている。過ごしやすいに越したことはないが、「夏だぁ~」っていう暑さがやって来ないのは、少し寂しい。

昼前に少々出かけて、午後は今日も読書。
川上弘美著 『蛇を踏む』 1996年の芥川賞受賞作品である。前から気になっていた作家だが、今まで読んだことがなかった。色の濃い作品でなかなか面白い。いかにも芥川賞的。

そして今、『となりのトトロ』を見ながらブログを更新している。
私も気がつけば、一著前に歳ばかりは大人になった。大人になって見えなくなったものがきっとたくさんあるのだ。子供の頃には見えていた、いや見ることが出来たいろいろなものが、歳を重ね、世の中のいろいろなものが見えるようになって、見えなくなってしまったのかもしれない。
子供の頃は自然と出来たはずの、「想像する」ということが億劫になっているのかもしれない。大人になるということと引き換えに、何かを置き忘れてきたんだろうか・・・

f0019234_2218137.jpg
コカ・コーラのおまけ 全12種。
あと2つがなかなか見つからない。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-28 22:18 | 日記
7月27日(木)

長い夏休みがスタートした。何があるわけでもないが、時間だけはある。とりあえず、思いつたことを、思いついたままにやろうと思って、洗濯を始めた。こんな天気がいい日は、洗濯しない手はない。シーツも布団カバーも全部洗濯し、布団を干す。勢いにまかせて、カーテンも洗濯。綺麗になったレースのカーテンをベランダに干すと、さわやかな風に心地よさそうに揺れていた。

洗濯を終えても、まだ昼前。とりあえず本屋へ足を運んでみる。太陽の光と心地よい風と読書は愛称がいいのだ。目に留まった本を買い、家へ戻るとすぐに読み始め、一気に読み終えてしまった。

小川洋子著 『博士の愛した数式』

f0019234_036872.jpgやわらかくて、温かくて、本当に心地いい文章だった。この先どうなるんだろうというドキドキがあるわけではない。涙、涙の感動巨編というのでもない。しかし、読み進めていくたびに情景が鮮やかに目に浮かび、読み終えたときには、温かい感情が湧き上がる。
純文学と「数式」といえば、全く違う方向を向く者同士である。それが小説に共存するということ自体興味をそそられるが、やわらかい文章の中に自然と溶け込む数式が心地よかった。とにかく読後の爽快感がたまらなく心地よかった。

読み終えてすぐ、DVDを借りてきた。「原作に勝るものはない」というのはわかっていながら、どうしても見たくなったのだ。300ページに及ぶ文章を、たった2時間で描くのは難しい。描ききれないところがあるのは当然だ。しかし、役者たちは素晴らしかった。寺尾聰も深津絵里も子役の斉藤隆成も、吉岡秀隆も浅丘ルリ子も、みんなが原作のイメージどおりの役を演じきっていた。とどのつまり、原作は原作、映画は映画なのである。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-28 00:36 | 日記
7月26日(水)

朝から快晴。梅雨は明けたんじゃないかとでもいうような、本当にさわやかな朝。風も心地よい。窓の外を眺めながら「夏だなぁ~」と目を細める。

夏が始まるというのは、同時に1つの区切りである。

f0019234_21542855.jpg

夜が始まる直前、空は真っ赤に燃えている。「夕焼け」という言葉のとおり、夕方の空がものすごい勢いで燃えている。大きなため息をひとつついて、その燃え上がった空を見上げると、なんだかもの凄く切ない。

さぁ、夏の始まりだ。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-26 21:56 | 日記
7月18日(火)

太陽には恵まれないものの、心地よい天気。23・4度くらいが本当に過ごしやすい。
そうこうしていると、昼を過ぎたあたりから太陽も顔を覗かせ、部屋の中にもやわらかい太陽の日差しが降り注いでいる。
と思っていると、突然の雨。通り雨が屋根を打つ音を聞きながら過ごす午後。

過ぎ去った雨と入れ替わるように、夕暮れ。
どこからともなく、夏祭りのお囃子を練習する音色。
独特の笛の音、何度も何度も確かめるように吹いている。間違えてはやり直す、やり直す・・・

夏への助走が聞こえてくる夕暮れである。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-18 20:19 | 日記
7月17日(月)

海の日は消防車のサイレンから始まった。数台の消防車が走り抜ける音が聞こえる。夕刻のニュースによれば、若い男性が火事によって亡くなったらしい。なんともいたたまれない。
ブログで火事情報。どこかのアイドル志望がそんなことしてたっけ・・・

そんな火事以外は本当に穏やかな1日。休日とは思えないほどに静かな1日が過ぎていく。子供たちの笑い声も、車の音も、鳥のさえずりさえ聞こえない。まるで、孤島にいるような気さえする。

夕刻、今日も雨。ここ数日、夕方には決まって一雨降っている。
今日は、夏を目前に締めくくりの飲み会。ビール園で、鉄板を囲む。今年度も4ヶ月が過ぎた。鉄板で焼ける肉と、黄金色のビールが笑顔を誘う。

もうすぐ、本格的な夏だ・・・
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-17 21:14 | 日記
7月16日(日)

夕方の突然の雨。地面を叩きつけ、窓を打つ。見る見るうちに水溜りができている。大雨・洪水警報がでたらしい。憂鬱な雨だが、ここまで豪快に降ると圧巻である。

f0019234_21471934.jpgW杯が終わってもなお、ジダンについてのニュースだけは終焉とはいかないようだ。
差別的な発言が悪いのか、それとも頭突きが悪いのか。マテラッツィが「何を言ったのか」が世の最大の関心事になっているが、本当の問題はそんなことではない。
人種差別は最低である。我々日本人には想像し難い問題であるが、どんな人種だろうと、どんな障害があろうとも、同じ人間。
たとえどのようなことがあろうとも、暴力は最低である。どんなことがあっても正当化できる暴力なんてない。
どちらが良くて、どちらが悪いのか。そんなものはない。
ただ悲しいのは、あのような侮蔑的な言葉の押収が、日常的に飛び交っているという事実。
プロのスポーツ選手たちは、そのスポーツを通して何を伝えようとしているのか。
勝つことに意味がある世界で、「本当の勝利」は何なのか。

ジダンの背中は世界に訴えかけるのである。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-16 21:38 | 日記
7月15日(土)

昨日に比べると、格段に涼しい。窓を開けると心地よい風が舞い込んでくる。
過ごしやすい1日である。

f0019234_2275645.jpgそういえば最近、「マルチビタミン」を飲んでいる。なんだかいろんなものが入っているらしいのだが、いまいち何に良いのかわからず、それでもビタミンなんだから体に良いのだろうと思って飲んでいる。いまいち実感はないのだが。
本当は日々の食生活で補うべきものを、こうやってサプリメントなんかに頼っていること自体が体に悪いような気がするのだが、それでも今日も一粒飲み込むのである。
[PR]
by capricious1977 | 2006-07-15 22:08 | 日記